中国のようにコウモリなどの野生動物を消費するベトナム、インドネシア、およびその他の国では、なぜ「武漢コロナウイルス」感染症が発生しなかったのですか?


答え 1:

この病気は他の国ではなく中国の武漢で発生し、その理由はコウモリによるものです。 疾病管理予防センターによると、コロナウイルスは動物によく見られる多くの異なるウイルス株の大きなファミリーです。 まれに、人から人へ送信される場合があります。 ニュースによると:

British Telegraphによると、山東医科大学(中国)の科学者の9人の患者からのサンプルの迅速なシーケンスのプロセスは、コロナウイルスの新しい株がウイルス株と非常に類似していることを示しています。 コロナは、2002年から2003年にかけて、コウモリの種に由来するSARS(重症急性呼吸器症候群)を引き起こしました。

コウモリは病気を引き起こす最初の宿主であると考えられていますが、1月29日にランセットで最近オンラインで発表された中国の科学者グループによる研究によると、コウモリは市場で売られた動物でした。 武漢の南シナ海の港(湖北省、中国)は、今朝30-1に170人と7,344人が感染した病気の原因です。

それはコウモリが他の国ではなく中国に病気を広めたためです


答え 2:

ウイルスは頻繁かつ迅速に変異します。 ほとんどの突然変異は、それらを伴うウイルスにとって有益ではありません。 多くの突然変異により、ウイルスは時間の経過とともにより少ない子孫を残します。したがって、これらの突然変異に対する自然選択のアクションは、それらを集団から追い出すことです。 いくつかの突然変異は重要ではありません(中立または実質的に中立)、つまり、表現型に目立った変化はほとんどありません(たとえば、感染できる動物のタイプやそれが引き起こす病気の症状)。

わずかな割合の変異がウイルスに役立ちます。たとえば、宿主種への感染を容易にしたり、コウモリからヒトへの「ジャンプ」など、新しいタイプの宿主へのウイルスの感染を可能にする場合があります。

コロナウイルスはRNAウイルスであり、RNAウイルスは突然変異率が高く、宿主よりも最大で100万倍も高く、これらの高い率は、ウイルスに有益と考えられる病原性と進化性の向上と相関しています。 しかし、それらの突然変異率はほぼ悲惨なほど高く、突然変異率のわずかな増加によりRNAウイルスが局所的に絶滅する可能性があります。

突然変異はランダムです

。 武漢のコウモリのウイルスに起こることは、ベトナムやインドネシアのコウモリのウイルスには起こらないかもしれません。 または、同じ突然変異がベトナムのコウモリで発生する可能性がありますが、そのコウモリはウイルス負荷を渡すことができる位置にない可能性があります(たとえば、コウモリが死ぬ可能性があります)変異ウイルスの前に人間に感染する

たぶん......だろう

感染した人間は、人間に再び感染することを不可能にする他の突然変異を受け、および/または突然変異したウイルスに有害であるため、時間とともに子孫が少なくなり、最終的に消滅します。

ダフィー・S

RNAウイルスの突然変異率がなぜそんなに高いのか

?。 PLoS生物学。 2018年8月13日; 16(8):e3000003。


答え 3:

興味深いことに、中国の誰もこれを本当に気にしていないようで、答えはコウモリはさまざまなウイルスのソースであり、これはたまたま中国で発生したものだと思います。 もちろん、コウモリは、人々がそれらを消費し続けている場合、ベトナムやインドネシアなどの他の国に他のウイルスを広めることができます。 それは時間の問題です。

しかし、中国のインターネットには非常に興味深い意見があります。 2020年は私たちにとってGengzi年であり、60年ごとにGengzi年があります。 過去を振り返ってみると、1840年以降、ジェンジーの1年は中国にとって悲惨な状況にあることがわかります。たとえば、1840年には第一次アヘン戦争があり、1900年には8軍連合軍が、前例のない飢amine。 それは少し迷信的ですが、おそらく「歴史的な調査に値する」良い仮定です。

言及する価値のあるもう1つのことは、毎年1月と2月に中国で大規模な人口移動が定期的に行われることです。これは、家族と旧正月を祝い、仕事や生活に戻るためです。 ウイルスの広範囲な拡散を確実に促進するこの現象を説明するために、Chunyunという言葉を発明しました。 正しく思い出せば、ほぼ同時に2003年にSARSの発生が起こりました。

あなたのリクエストに感謝し、中国の現在の状況についてもっと知りたいなら、私にメッセージを送ってください。


答え 4:

私たちはそれがどこから来たのか、さらにはどの動物に由来するのかさえ知りません。 武漢の湿った市場、それがどこで培養されたかを知っています。 人間以外の動物と関係があるという証拠はありません。 私たちが知っているのは、それが空中浮遊ウイルスであるため、食品からではないということです。 では、なぜそれがウェットマーケットに関連しているのでしょうか? このウェットマーケットは、14億人の国の主要な交通ハブである1,100万人の都市で、1日あたり50万人以上が見られる主要なショッピングセンターです。

中国や食料品を購入する主な場所である他のアジア諸国の湿った市場を閉鎖することは、米国のすべての食料品店を閉鎖し、これから人々にドルの店ですべての食料品を購入する必要があることを伝えることに似ています7–11、これは乾燥市場の金額です。